パラレルワールドの簡単な考察(随時更新)

この記事では、私自身が現時点で分かっているパラレルワールドの部分を書こうと思う。
(合っているか別として。新しいことが分かったり、修正することが出来たらその都度更新します。)

私が言っているパラレルワールドとは、並行世界のことである。

  • 現在の自分がいる世界。
  • 今とちがう仕事をしている世界。
  • 早死にする世界。
  • 現在と人間関係がちがう世界。
  • 今とは違う選択をした世界。などなど。

とりあえずたくさんある。

学びのために、肉体の中身がその都度、パラレルワールドとパラレルワールドの間を移動する。

これはおそらく、私以外の人間にも起こっている現象であると思われる。

移動の頻度とかは、個人差があるかもです。

ほとんどの場合、移動前の世界の記憶が失われてしまう。

でも、移動前の世界の記憶がちょっと残っているときは、いま生きている世界に違和感を感じたりする。

  • 兄弟が1人足りないとか。いるはずのメンバーが1人いないとか。
  • 景色がまるで映画のセットのようで、現実感を感じないとか。
  • 前にもした経験をデジャブのように感じて仕方ないとか。
  • はじめて聞いた話を、以前聞いたことがある、経験したことがあるとか。

だけど、すぐ馴染んでいき、気のせいだったのかと思って、今回の世界の記憶に染まっていく。

別の世界に移動したくないと思っても、移動は自動的に起こる。

現在の自分に合った、最適の学びができるパラレルワールドへ。

パラレルワールド間のエネルギー交換も行われているように思う。

これは経験したことがないことを別のパラレルワールドで補い、相互作用で魂が成長するためかなぁと思う。

今までとはまったく違う行動などを起こすと、別のパラレルワールドが生まれる。

今の私も、またどっかのパラレルワールドに移動して、別の私が今の肉体に来るのだろう。

なぜ、私がそういうことを知っているのかということは、個人的に会ったときなどにでも聞いてください。

『人は毎日、生まれ変わる。』というのは、比喩ではなく、実際に起こっているのかもしれない。

『未来は自分次第で、どうとでも変えられる。』とゆうことです。

※追記。
闇のエネルギーを使って意図的に作られたパラレルワールドは、闇が解消すると、消えて無くなるぽい。

タイトルとURLをコピーしました