心満たされた江島神社

江島神社 神社

2020年の9月13日のことです。

江島の土地に向かって歩いているとき。

ああ、やっと来れた…と思いました。

「私はここに来るために、横浜に来たのだ。」という感覚が強くなったのです。

懐かしさに入り混じった達成感を感じました。

天気予報では雨が降る可能性があったのですが、私は雨が降ったとしても行ったほうがいいような気がして。

結局、雨は降らず少し曇りで、イイ感じでした。

写真はあまり撮ってないです。

時間が足りるか心配だったし、雰囲気を堪能したかったので。参拝に集中したかったのです。

おもに、宗像三女神に挨拶をしようと思ってきました。

お金払ってエスカレーター乗るやつとかありましたが、そんなの使うのもったいない。

こんなに心地良いエネルギーがたっぷり満載の場所、ぜんぶ歩いたほうがいいだろ!!と思いました。

岩屋の外の海辺まで歩き回って、両足がガクガクになりましたが、めずらしく後日に筋肉痛にならなかったです。

岩屋の海

岩屋の海

江島神社は、どちらかというと岩屋がメインだと思いました。

今まで見てきた江島神社が見事に霞んでしまったのです。

洞窟の中にある江島神社発祥の拝所を見たとき、分裂した魂の一部が、かつてこの場所に来たことがあると思いました。

足がふわふわして、心臓がどきどきしたような感覚がしました。

神様はもう入ってないはずの場所ですが、ホンモノの場所だと感じました。

もしかしたら、過去生において、この土地で修験者をしていたのかもしれません。

岩屋の海

富士山の氷穴と繋がっているとか解説を読んで、胸がトキめいたり。

岩屋はなぜか、スマホのシャッターを押しても写真が撮れない場所があり不思議に思いました。

ここは深読みすると霊的影響がありそうなので、あまり深読みはよそう。。

岩屋

祝詞が欲しかったのですが、勇気がなくて聞けませんでした。

お腹が空いたときの頭の中は、シラスソフトかシラス丼、イカ焼きでした。

参拝後に神社のすぐ外にあったラーメン屋に入ってみたのですがは、ちょいイマイチでした。

バターは美味しかったけど。

ラーメン

イカの丸焼きが食べたいと思ったが、大きすぎて、1人で食べたら、飽きそうだったのでやめました。

江ノ島駅に行く道にいろいろあったので、そっちで食べれば良かったと思ったものです。

また、ここに来たいと思いました。

タイトルとURLをコピーしました